プライドの事業

business

プライド社は、1975年に米国から導入した情報資源管理思想に基づくシステム開発法論を基盤として、現在もこれを整備・拡張し続けています。

現在では一般的になったデータ・マネジメントの思想を内包したこのシステム開発方法論を適用して、「コンサルティング・サービス」、「メソドロジ・パッケージ」、「トレーニング・サービス」の3つの事業を展開しています。