社員の声をご紹介します。

2006年入社 稲葉洋明

025_vo1.jpg 稲葉洋明
入社時期 2006年
前職 自動車部品メーカーで総務部に所属し、社内の生産管理システムの構築や、ISO9001の取得推進を担当していました。その中で、コンサルタントという職種に興味を抱き、中小企業診断士の資格取得を契機に転職を決意しました。
プライド入社後 ユーザ企業(情報システムの利用者側の企業)のIT予算・IT調達プロセスの標準化支援、J-SOX法に対応した情報システム管理規程の作成等です。入社当初は資料の整理等、先輩方の補助的な役割でしたが、徐々に主体的に動けるようになってきました。
転職にあたり プライドを選んだ理由は、効率よく自分を成長させられると考えたからです。会社規模は小さいですが、各コンサルタントが専門分野を持ち、大手企業に対して 質の高いサービスを提供しています。また、プライドでの経験を生かして大学教授となったり、自分で会社を起こした人が何人もいます。そのような環境に身を 置くことで、自分の能力をてっとり早く高められると考え、プライドを選びました。
私は異業種からの転身で、特別な専門分野もなく入社しました。入社当初は お客様の方が知識が豊富な場合が多く、また求められる水準も高いため苦労しました。(今も、苦労していますが)しかし、先輩方の手厚い指導が受けられます し、大変な分やりがいがある会社です。

2010年入社 高橋永哲

026_vo2.jpg 高橋永哲
入社時期 2010年
前職 外食産業企業、システムインテグレーター企業
プライド入社後 大手小売企業の本部・会計システム回りの業務、プロジェクト支援
転職にあたり 自分の可能性を広げたくて
飲食業で培ったコミュニケーション&サービススキルに前職で培ったITスキルを武器として新たな道、システムコンサルタントを目指して転職しました。
お客様の元での仕事に加え、コンサルタントとしてのスキルも身に付けるべく、プライドの方法論や先輩たちの考え方を盗み取るべく、奮闘中の日々です。全く優しくない(というのは嘘)先輩たちのおかげでやさぐれた時もありましたが、おかげさまで少しは理解が深まってきて、実践でも役立っており、お客様にも評価して頂いています。
また、会社自体がアットホームで温かい環境なので、そういった環境は大事にしていきたいと思っています。