目的

経営や事業の方針を基にしたビジネスモデルの全体像(あるべき姿)を明らかにし、その「あるべき姿」を 支えるシステム化構想を立案するために必要な、基本的な流れを習得する。
在庫問題やデータ活用を課題としたケーススタディ案件を題材としてチーム演習を行い、業務上の解決策 を検討し、システム化の構想を立案、提案する。

概要

架空の中堅ドラッグストアチェーン「くすりの十万石社」のおかれた状況と周囲を取り巻く環境の変化を捉 え、業務変革を中心とした事業構造の見直し策を検討し、システム化の構想を立案。コンペ形式で「くすり の十万石社」に対する提案を行う。
プロジェクトの企画に基づき、アプリケーション要件、並びに実現課題を検討する方法を習得する。
適用するITを精査し、組織、プロセス、ITで裏付けられた具体的なビジネスモデルを設計する方法を習得する。

目標到達レベル

事業戦略や中期・年度計画を正確に捉えることができる。
業界知識を踏まえ対象業務の流れと情報を整理することができる。
在庫問題並びに大量データ活用の基本的スキルを身につける。
対象業務における課題を抽出し、解決策を立案できる。
組織、プロセス、適用技術、費用等の観点から実現可能性を検証できる。
組織、プロセス、データ、技術で裏付けされた具体的なビジネスモデルを設計できる。
経営者やシステムオーナに対して、費用対効果が説明できる。

受講者の前提知識

7~8年の実務経験、もしくは「応用情報技術者試験」合格と同程度の知識を有すること。

標準カリキュラム

1日目 1.イントロダクション(解説)
2.外部環境の認識と整理【チーム演習】
2日目 3.自社内現状分析【チーム演習】
4.問題分析・解決策検討【チーム演習】
3日目 5.効果と可能性の検討【チーム演習】
6.プレゼンテーション(最終レビュ)
7.まとめ

定員

18名

上位ページ