AxSEM®の進め方事例

例えばアジャイル開発では

 

AxSEM全体工程(アジャイル開発との組み合わせ)
AxSEM®全体工程(アジャイル開発との組み合わせ)

 

アジャイル開発への適用では、以下の5つの観点を大切にします。

1.業務改革先行と早期試行のフィードバック

ゴールの共有
成長ベクトル
実現性検証を目的とした早期試行とフィードバック

2.開発単位の自律的スライシング

方法論の構成要素
普遍的思考サイクルとステージ
ビジネスの順序 ≠ 開発の順序

3.データ完全性パターンによる仕様の早期把握

(Data) Model ≠ (Data) Diagram
論物分離の重要性
完全性パターン

4.トレーサビリティの単純化と重点管理 要求単位と開発単位の直交化(アスペクト指向開発)
階層関係、相互依存関係可視化による品質保証
集中検討領域の可視化
5.アーキテクチャとツールのコーディネーション 実装独立(論物分離)
コアとオプション(安定と変化)
開発支援ツール

プライドなら実現します。AxSEM®なら実現できます。

 

「AxSEM®」は、株式会社プライドの登録商標です。