情報化戦略立案方法論とは情報化戦略を立案するためのノウハウを集大成したガイドです。6段階のステージから、中期経営戦略を見据えて中期情報化戦略を立案し、情報化投資予算案の編成へと連携する、一連のIT企画活動を包括的にサポートします。

情報化戦略立案方法論 「IT企画ガイド」

既に経営と表裏一体の位置づけにある情報システムへの投資は、金額の大小に関わらず、実態としての経営への戦略的な貢献が強く求められています。プライド社の「IT企画ガイド」は、情報化戦略を立案するためのノウハウを集大成したガイドです。中期経営戦略を見据えて中期情報化戦略を立案し、情報化投資予算案の編成へと連携する、一連のIT企画活動を包括的にサポートいたします。弊社独自の「ACPコンセプト」、並びに「Think On Cell アプローチ」を適用することにより、大規模情報システム化案件のグランドデザインから経営に密着した情報化投資計画の立案まで、幅広くご活用いただけます。

ACPコンセプトとThink On Cell アプローチ

ACPコンセプト

ACPコンセプト図
ACPlコンセプト図

経営戦略と情報戦略 の密な連携を保障するためには、経営層と共有可能な観点で全対象領域を構造化し、認識することが必須です。ACPは、そのために最も効果的、かつ重要な3つの観点のキーワードです。

Think On Cell アプローチ

think on Cellアプローチ
Think On Cell アプローチ図

IT企画の段階では、対象を細分化することは適切な手段となりえません。必要な粒度をマクロなレベルで固定し、Cellを形成します。そしてこのCellの単位で、ステージごとの論点に関する議論の成果を蓄積・共有していくのです。

IT企画ガイドの骨格

ステージ1
経営のアセスメント
対象とする事業領域から、競争市場や事業特性に着目して情報化戦略立案単位(SBA-Cell)を切り出す。
ステージ2
経営戦略の分析
トップインタビュやSWOT分析を実施。経営戦略目標を分析し、ビジネス変革ポイントを抽出する。
ステージ3
ビジネス・アーキテクチャ構想
新たな経営価値を生み出すビジネスモデルを構想する。マクロプロセスモデル、マクロデータモデルを検討する。
ステージ4
システム・アーキテクチャ構想
新しいビジネスモデルを支えるIT環境を構想する。アプリケーションの構成、ITインフラの構成を検討する。
ステージ5
中期情報システム化計画
SBA別情報化戦略をACPアーキテクチャに基づいて統合し、対象事業領域全体の中期情報化投資計画を立案する。
ステージ6
情報化投資年度計画
中期情報化投資計画から切り出した個別案件(情報化プロジェクト)を具体化し、情報化投資年度計画を立案する。